サウナハットの生地の種類と特徴、手入れ方法まで解説!

サウナハットは、サウナ内で被る帽子のことです。熱や乾燥から守るために使用し、のぼせたり、髪や頭皮のダメージを防いでくれます。

しかし、サウナハットは生地の種類や使い方によって効果が変わってくるため、使用する際は正しい知識を持っておくことが大切です。

この記事では、サウナハットの生地の種類と特徴、手入れ方法を解説していきます。

サウナハットの生地を知らない方、気になる方はぜひチェックしてみてください!

サウナハットの使い方についてはこちら

サウナハットで使われている生地の種類

サウナハットに使われている生地は主に4種類あります。

  • フェルト生地
  • リネン生地
  • タオル生地
  • 化学繊維

今からそれぞれの生地の特徴を解説していきます。

フェルト生地

羊毛(ウール)などを蒸気や熱、圧力を加え絡ませたものをフェルトと言います。

断熱性が高く、通気性や吸湿性もあるため、湿気を調節してくれます。これみよりのぼせ防止や、熱から髪や頭皮を守ルことができます。

また、防臭・抗菌効果もあり、清潔な状態を維持しやすいです。

しかし、洗濯機で丸洗いすると型崩れや縮み、毛羽立ちが起こりやすいです。そのため、手入れは手洗いがおすすめです。

リネン生地

リネンは麻の一種で亜麻の繊維を原料としたものを指します。

フェルト生地に比べると断熱性が低く、シワになりやすいです。しかし、通気性や吸湿性が優れているため、頭部の蒸れを軽減し、のぼせを防ぐことができます。。

また、洗濯機で丸洗いできるものが多く、手入れの手間がかかりません。手入れが簡単なものを求める方におすすめです。

タオル生地

タオル生地に使われる代表的な素材は綿(コットン)です。肌触りが良く、「タオル」として馴染みがあります。

断熱性は劣りますが、吸水性に優れており、大量の汗をかいても吸い取ってくれます。

また、洗濯機での丸洗いできるため、手入れの手間もかかりません。

化学繊維

化学繊維とは石油系を原料とし、主に「ポリエステル」や「ナイロン」のことです。

断熱性は低いが、軽量かつ丈夫で耐久性が高く、機能面に優れています。洗濯機での丸洗いも可能であるため、使い勝手が良いです。

サウナハットの手入れ・メンテナンス方法

上記では、サウナハットの生地4種類とその特徴について解説してきました。

ここでは、手入れ、メンテナンス方法を解説していきます。

フェルト生地

洗濯機は基本使えないことが多いため、手洗いがおすすめです。

しかし、使うたびに手入れする必要はありません。フェルトは防臭・抗菌作用があるため、使用後は風通しの良いところで乾かすだけで良いです。

臭いや汚れが気になってきたら、バケツなどに水と中性洗剤を入れ優しく押し洗いをし、風通しの良い日陰に干して乾かしましょう。

リネン生地

洗濯機で丸洗いできるものと、手洗いが必要なものがあるため、洗濯タグを確認しましょう。

丸洗いができるものに関しては洗濯ネットに入れ、通常モードで洗濯します。手洗いが必要なものはフェルト素材と同様に手入れします。

洗った後、シワになることが多いため、手入れ後はしっかり伸ばして日陰に干しましょう。

タオル生地・化学繊維

タオル生地や化学繊維のものは、丸洗いできる場合がほとんどです。

そのため、洗濯ネットに入れ、通常モードの洗濯で問題ありません。

注意が必要なのは、柔軟剤の使い方です。柔軟剤を使うと吸水性が劣る可能性があるため、生地が固くなってきた時のみ使うようにしましょう。

最後に

今回はサウナハットの生地の種類と特徴、手入れ・メンテナンス方法を解説しました。

生地の特徴や手入れ方法を十分に理解した上で、自分に合ったサウナハットを見つけてみてください。

最高のサウナ時間を楽しみましょう!

関連記事はこちら↓↓

【必見】サウナハットの効果は?使い方は?詳しく解説!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました